管理会社任せにならないための基礎知識を持っておこう

>

特徴を踏まえて最適な管理方法を選ぶ

自主管理か委託管理か

自主管理はオーナー自ら入居者募集から退去時の立会い、リフォームまで行います。
契約手続きや更新作業、賃料の督促なども考慮すると膨大な業務になります。
一方、委託管理では全て、または一部の業務を委託できるため、煩わしい作業からは解放されます。
しかし不動産管理を投資目的で行っていくなら、自主管理もおすすめです。
本業が他にある場合などは、ある程度管理会社に任せる選択も必要ですが、投資の側面が強く将来的に棟数も増やしたいと考えるなら、自分でやってみて肌感を養うのが一番です。
懸念材料はクレーム対応と入居率の維持でしょう。
クレームについては、実際には恐れるほどのクレーム件数は発生しません。
入居率維持には経年劣化や時代に合った、建物のメンテナンスや修繕が不可欠です。
こちらもプロのノウハウは無いにしても、オーナーの希望や入居者を考えた対策をスピード感を持って実現できるというメリットがあります。

自分にあった管理方法

不動産管理には管理会社の一括管理、自分で入居者募集から入居者の管理、清掃の手配などを行う自主管理があります。
どちらにもメリットとデメリットがあるので、自分にあった方法を選びましょう。
自主管理の場合、全ての業務を自分でこなすケースと一部分のみ管理会社に委託するというケースがあります。
基礎知識のある場合は、完全に自主管理で行うことも可能でしょう。
もし初めての不動産経営で不安がある場合や、時間的な余裕が無いので任せたいが少しでも経費を抑えたい場合は、入居者募集や更新業務だけを賃貸仲介店に委託することも可能です。
しかし、例えば入居者からのクレーム対応だけを委託したいなど、限定的な委託管理は、管理会社が受けていない場合も多く、賃料の集金や督促業務などと併せて委託することになります。
最終的には入居者に高品質なサービスが提供できるかどうかを見極め、管理の方法を検討する必要があります。