管理会社任せにならないための基礎知識を持っておこう

>

プロのノウハウに頼るのもひとつの手

一括借り上げシステムを正しく知ろう

一般的に物件を借りる場合、物件のオーナーいわゆる大家さんが賃貸人となり、仲介業者を間に入れて物件を借ります。
入居者は毎月の賃料を物件オーナーに支払いますが、最近大手の不動産管理会社の多くが取り入れている一括借り上げシステムは少し仕組みが異なります。
一括借り上げは、土地の所有者が建てた物件を管理会社が一棟まるごと借り上げ、入居者に貸すシステムで、サブリース契約にあたります。
入居者は管理会社から物件を借りることになり、物件オーナーへは管理会社から毎月、予め管理会社との間で取り決められた賃料が支払われるシステムです。
このシステムでは、一般的には入居者募集から賃料の回収、退去時の対応や清掃、また建物の修繕などを一括で管理を依頼することになります。

メリットは多いがデメリットもある

土地活用などの目的でアパートやマンション経営を検討した時、不動産管理会社に一括借り上げしてもらうメリットはたくさんあります。
第一に入居者の募集や管理、退去に関する業務などすべての管理を任せられるため、他に本業のある人や初めて不動産経営を行う人も安心でき、おすすめポイントも多いと言えます。
また不動産経営の最大の懸念である入居率に関わらず、予め取り決めた賃料が支払われる点も魅力です。
しかし当然デメリットもあります。
一括借り上げでは、借り上げ年数が決まっています。
その間は管理会社から賃料が支払われますが、契約当初の金額がずっと支払われ続けるわけではない点に注意しなければなりません。
多くは定期的に賃料見直しがされますので、物件の償却に応じて賃料による収入が減少する可能性があります。
他にも物件の修繕費用や建物保険などの諸経費の面で、割高に設定されている場合もあるので注意が必要です。