管理会社任せにならないための基礎知識を持っておこう

>

不動産を所有するということを正しく理解しよう

不動産管理会社の役割を知ろう

不動産管理のノウハウを持つ管理会社は、様々な面で不動産経営や投資をサポートします。
そのひとつが入居者の管理で、賃料回収やクレームの対応も行います。
また契約の更新や解約に関する業務、賃料保証なども行います。
特に賃料滞納時の対応やクレーム対応などは、はじめて不動産経営を行う人資産運用目的の人にとってはハードルの高い業務と言えます。
ふたつめは、建物管理です。
日常的な清掃のために、契約している清掃業者などを派遣して、共有部分や物件周辺の清掃を行う他、入居者の退去時にも清掃や現状回復、リフォームを行います。
そして長期的に物件の価値を維持するためのメンテナンスも行います。
継続的な入居者確保のためには、経年劣化による修理やメンテナンスは必要不可欠です。
そのために必要な修繕の計画や予算の計画も行ってくれますので、長期的に物件管理を委託する場合には、内容を吟味してぜひ委託しておいた方が良いでしょう。

不動産管理を委託するメリットとデメリット

物件管理を管理会社に委託すると、物件や入居者管理、入居者募集なども任せることができ、オーナーは楽に不動産経営ができます。
管理戸数や本業なのかそうでないかなどの違いはありますが、管理を委託するとこで避けられるトラブルもあれば委託するデメリットもあります。
一番のメリットは、管理にかかる手間を省ける点です。
いわゆるサラリーマン大家で老後のための不動産投資と捉えている人や、初めて不動産管理をする人には一番大きなメリットです。
不動産管理には様々な業務があり、入居者からのクレーム対応や賃料の督促など、できれば避けたい仕事もあります。
管理会社には、入居者募集から建物管理に至るまでプロのノウハウがあるため、委託することで得られるメリットは大きいでしよう。
一方でデメリットとしては、管理手数料を支払うことで費用がかかる点と、管理会社の選定次第で不動産投資や経営の成果が左右される可能性もあるという点です。